野球日記


がんばって更新します
by swallowser
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事

松井光介という男

 西武の希望枠候補としてリストアップされているJR東日本のエース・松井光介。最速148km/hのストレートとフォークが武器の本格派。この男は伊東監督に『マウンド度胸がいい。先発でも抑えでもいける。とにかく欲しい』と高く評価されている。

 オレは松井を昨年から知っている。『松坂世代』という本に松坂の2コ上の先輩として書かれているからだ。松井は横浜高校で松坂大輔の先輩なのである。それだけではない。後に亜細亜大→JR東日本と進むのだが、これと同じ経歴を歩むのが昨年中日入りした、横浜高校の後輩である小山良男。後輩の後を追い、27歳の松井もプロに挑戦することになりそうだ。

 松井は高校時代、小柄な体格なスイッチヒッターとして1番センターとしてプレーしていた。だがシニア時代はエースだった。それは同じ学年に丹波という絶大的なエースがいたからだ。でも、そんなエースがいても投手としての練習は怠らなかった。松坂は松井に対して『二年上にすごく練習する先輩がいて、尊敬していた。』とコメントを残している。
 だが新チーム結成直後、エースの丹波が急死する。そして松井が丹波の代わりにエースになる。甲子園出場も果たした。だがバント処理で暴投し、自らのエラーで敗北している。

 亜細亜大時代は、最初投手と野手の両方で練習していたそうだ。敗戦処理からエースまで登りつめた。全日本大学野球選手権で優勝し、胴上げ投手にもなった。

 JR東日本に入社し、都市対抗・社会人野球日本選手権・IBFAワールドカップで3度JAPANのユニホームに袖を通している。

 松井は小さい頃からプロ野球選手が夢だった。だが十分の成績を残していてもプロから指名はされなかった。やはり投手として、小柄な体格がネックになったのだろう。だが松井はこんな事を言っている。『大きな体していたら、140~150km/hって投げて当たり前なんですよ。ボクが180センチあったら150km/hなんて余裕で投げられますよ。』この強気な性格があったからこそ、ここまでの活躍があったのだろう。

 ヤクルト、楽天、西武、ロッテの4球団が獲得に名乗りをあげているらしいが、個人的には横浜高校の後輩である松坂や後藤がいる西武に入団してもらいたいな。ヤクルトなら即戦力だと思うんだけどな。。。
[PR]
by swallowser | 2005-10-23 18:30 | baseball
<< ロッテ日本一 古田Blog書籍化 >>


2007観戦成績
【東京ヤクルト】
4勝2敗

【戸田ヤクルト】
1勝1敗
最新のトラックバック
松井秀喜骨折、連続出場1..
from 情報ブログ
混戦Jリーグを制したのは..
from 冒険少年スポーツトークblo..
日本vsアンゴラ
from 湘南☆浪漫
プロ野球コンベンション2..
from やっさん日記
カカクコムの社長が、ヤク..
from One And Only
F-Project200..
from ツバメランド -ヤクルトスワ..
日本一!
from 日記ドゥーン
,古田選手が選手と監督を兼任
from オンナのネットビジネス魂 で..
新監督誕生。
from ちかみぃの書棚。
古田監督
from 日記ドゥーン
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧