野球日記


がんばって更新します
by swallowser
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事

2006年 01月 29日 ( 1 )

2006年に向けて

 やっとヤクルトの選手の去就が落ち着いたって感じだ。とりあえず石井が1年は残留。来年MLBへ挑戦する確約を取ったそうだ。石井・社長の双方が謝罪し、遺恨は残さなかったそうだが。オレはそこまでもめたのだから気持ちよくMLBへ挑戦させてやりたかった。

 今年の目玉の補強と言えば、やはり石井一久の復帰だろう。彼の存在は若手の多いヤクルト先発陣にとって非常に大きい。MLBで培ったものを若いヤツらに教えてやってもらいたいね。MLBで苦労したのだから得るものは多かったはずだ。

 木田の存在も大きいね。不安な中継ぎに実績ある選手を獲得。昨年は3Aでイイ成績をあげたし、まだ老け込む年でもない。50試合くらい投げてもらいたい。もう一花咲かせてもらいたい。あと、オレは彼のイラスト好きだよ。

 高津が春季キャンプに参加するそうだ。高津は日本での実績もあるので日本球界に復帰するのなら是非ヤクルトで投げてもらいたい。でも年齢による衰えも否めない。選手枠が高津を獲得するとちょうど70人。スムーズに獲得しないのもそこら辺も絡んでるのかな?獲得したら抑えでなく、中継ぎでの起用が濃厚。


 野手では広島から獲得したラロッカ。ヤクルトの内野でなかなか固定できないのが二塁手。昨年までは土橋、城石など堅実巧打タイプの選手が多く、様々な選手を併用してきた。そこに強打のラロッカの入団。土橋や城石の守備もイイが、やはりラロッカの打撃は魅力的でしょ。5番セカンドってところですかね。

 期待の選手として投手は坂元・高井、野手は米野。
 坂元は背番号『11』を貰い、高井は『16』を貰ったほど期待された投手。甲子園で活躍し、鳴り物入りで入団した彼らだが、まだ1年通して活躍してない。(と思う。)そろそろ1年通して投げなきゃいけない年頃ではないかい?中継ぎとして石井弘寿につないでもらいたい。
 米野は以前から言われていたが、古田の次の正捕手を担わなければいけない選手。肩が強く捕手としてイイ物を持っているのだから、打撃を磨き、試合に出場する事により多くの経験をしてもらいたい。

 古田監督には監督業だけでなく、選手としてもまだまだ頑張ってもらいたい。いや、頑張ってもらわなければならない。米野が一本立ちした時、それが選手・古田の辞める時だと思っている。
 
 こりゃ優勝狙えるんじゃないの??
[PR]
by swallowser | 2006-01-29 22:15 | yakult


2007観戦成績
【東京ヤクルト】
4勝2敗

【戸田ヤクルト】
1勝1敗
最新のトラックバック
松井秀喜骨折、連続出場1..
from 情報ブログ
混戦Jリーグを制したのは..
from 冒険少年スポーツトークblo..
日本vsアンゴラ
from 湘南☆浪漫
プロ野球コンベンション2..
from やっさん日記
カカクコムの社長が、ヤク..
from One And Only
F-Project200..
from ツバメランド -ヤクルトスワ..
日本一!
from 日記ドゥーン
,古田選手が選手と監督を兼任
from オンナのネットビジネス魂 で..
新監督誕生。
from ちかみぃの書棚。
古田監督
from 日記ドゥーン
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧