野球日記


がんばって更新します
by swallowser
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事

W杯メンバー発表

ドイツ行きの切符を手にした23人が発表された。個人的には松井と巻は微妙な立場だが、入れてもらいたいと思っていたが果たして…??

【GK】川口、楢崎、土肥
【DF】宮本、中澤、田中誠、加地、三都主、坪井、中田浩、駒野
【MF】中田英、中村、小野、小笠原、稲本、福西、遠藤
【FW】高原、柳沢、玉田、大黒、巻

なぜ松井を選ばないΣ( ̄□ ̄;)!!!!!!ジーコも所詮ジーコだな(# ̄3 ̄)あのファンタジスタを選ばなかったことを後悔するだろう。

"確定"と思われていた久保が落選したね。実力はあるのだが、相当コンディションが悪いんだろう。

まぁ松井が選ばれなくても見ますとも、ええ(泣
b0005863_19182867.jpg

[PR]
# by swallowser | 2006-05-15 19:18 | soccer

交流戦絶好調

 今日もオリックスに勝利。

松井光介プロ初勝利((o(≧▽≦)o))


 この松井選手は入団以前から注目していた選手。その選手が初勝利を挙げたのはホント嬉しいよ。シーズン前はセットアッパーだと思っていたが、チーム事情で巡ってきた先発の座。是非次は7回くらい投げていただきたい。


 ヤクルトは交流戦絶好調ですね。交流戦前は打撃陣が足を引っ張っていたが、交流戦1週間を終え5勝1敗、チーム打率.344、53得点とまさに別チーム。
 好調の要因はラロッカの活躍と、岩村の復調でしょう。やはり打つべき人が打つとチームは勝ちますよ。

 心配な点といえば、ブルペン陣。五十嵐、高井、木田、高津、石井弘がどうも安定感に欠ける。強いチームはブルペン陣がしっかりしているので彼らの復調が今後のヤクルトの鍵になるでしょう。
[PR]
# by swallowser | 2006-05-14 20:16 | yakult

Player Day

『東京ヤクルトスワローズの選手をピックアップし、"Player Day"の日は、その選手を中心に球場を盛り上げようというものです。 選手の活躍を願って、楽しみながら応援しよう!』って企画。来週のソフトバンクとの3連戦で行われる。

2006.05.19日(Fri)…真中Day

2006.05.20日(Sat)…岩村Day

2006.05.21日(Sun)…青木Day


内容としては
◎先着5000名でそれぞれのオリジナルベースボールカードが配布される。
◎それぞれの出身地(栃木県・愛媛県・九州地方)出身の来場者に巨人戦チケットをプレゼント。
◎各選手が考えた企画を開催
◎お宝グッズプレゼント


 トレカが配布される事だし普通なら絶対に行くのだが、あいにくバイト&サークルの合宿があるので行けない…(泣;今回は1週間前に告知されたが、次回はもっと早く告知してもらいたい。

 このPlayer Day、次はあるのか??
[PR]
# by swallowser | 2006-05-13 22:52 | yakult

松井秀喜骨折

 松井が試合中に左手首を骨折。朝にこのニュースを見て、一気に眠気が覚めた。

 ルーキーの1993.8.22からスタートした連続試合出場記録は、巨人時代1250試合・ヤンキースで518試合の計1768試合で途切れた。この記録は途切れてしまったが、復帰してからも連続出場をしてもらいたい。毎日出場するのが松井秀喜だから。


 D・ジーター『最悪だ。毎日計算できる選手がけがをしたわけだから。だれかが代わりに出て行ってマツイと同じようにプレーしなきゃいけないなら、大変なこと。今は若手がいいプレーをしている。彼らが何とかしてくれればいいけど。』

 B・ウィリアムス『特に残念なのはマツイがいいやつで、毎日誇りを持ってプレーしていたから。自分たちもできることをやらなきゃいけない。ここ数年、毎日いたから、マツイ抜きというのは考えられない』

 J・ジアンビ『ヒデキは素晴らしい記録をもっていたし、チームの重要な選手だ。とても悲しい。』

 原監督『巨人の時から連続試合出場に強い意識、責任感を持ってやっていた。こういう形になり、残念。しっかり治し、さらなる飛躍をしてもらいたい。』

 王監督『天然芝ならグラブも滑るはずなのに、よっぽど間が悪かったのだろう。』
b0005863_0523151.jpg

[PR]
# by swallowser | 2006-05-13 00:52 | baseball

SHINJO問題

b0005863_25272.jpg
b0005863_254169.jpg

[PR]
# by swallowser | 2006-05-07 02:08 | baseball

渡真利

 SHINJOの引退宣言より驚いた。

 井川が小坂に対して投球しようとした瞬間、捕手の矢野に覆いかぶさるように倒れた。自力で立ち上がったものの、矢野が後ろで抱きかかえるように支えていた。担架で運ばれ、病院へ行き入院することになったそうだ。

 巨人・阪神のトレーナーのダッシュ力には驚いた。倒れてすぐ駆けつけたからね。確かわずかの差で阪神の勝ちだったな。

 2003.9.2の広島vs阪神の試合でも倒れた事があるそうだ。9.2……。オレの誕生日だ!!

b0005863_1173972.jpg

[PR]
# by swallowser | 2006-04-22 01:17 | baseball

お久しぶりでございます

 先日やっとネットができる環境になりました。

 その間、ヤクルトが阪神に2連勝し『おっ??今年はいけんじゃん??』とか思って3戦目観戦しに行って負けて、巨人に3連敗……_| ̄|○勝ち試合を落としただけに引きずるわなー。

 ネットが無い環境でイロイロ考えてたわけね。このblog移転(閉鎖)しよっかなーって。blogを3つ管理っていい加減阿呆だろ。オレの中でイロイロな案が出たわけね。


①3つはダルイからこのblogを閉鎖。
②このblogをカードblogにM&A!! (←??
③ヤクルトの公式blogに移転。
④このままexciteで頑張るよー。


 まぁ結果は移転するのがダルイからとりあえずは④だよね。

 てことでこれからも頑張ります!!!!!
[PR]
# by swallowser | 2006-04-17 22:56 | diary

新ユニ

 ヤクルトが新ユニフォームを発表。縦じまを無くし、BEAMSデザインのユニフォーム。今年のヤクルトは正に変革の年である。

----------------------------------------

【ユニフォームデザインコンセプト】
1.『スワローテール』モチーフのデザインを上下に配し、洗練されたイメージを強調。
2.『スワローテール』を入れる事により、つばめの持つスピーディーなイメージを表現。3.ソフィスケート(洗練)、スピード(速さ)、シンプル(簡素)を感じられるデザイン。
4.伝統のあるチームなので、今っぽくなりすぎないようなデザインを心がけた。
5.派手にする事は簡単だが、すぐに飽きが来てしまう。デザイン・配色は必要最低限にひかえ、シンプルかつ洗練されたユニフォーム。
6.他球団の選手も憧れるユニフォーム、野球をやっている子どもたちが憧れるユニフォーム。
7.キャップのデザインは現行のままモデルチェンジしないため、キャップとのバランスを考慮。
8.背番号・選手名のフォントは主張しすぎないよう、シンプルにまとめている。
9.使用しているフォントはクラシカルなデザインだが、随所にアール(丸み)をかけスポーティーになりすぎないようにデザイン。

----------------------------------------



 個人的には気に入っております。この発表会には応募したのだが、落選。面白そうな発表会だっただけに残念…(泣

 このユニフォームは31日の開幕戦から着用するそうだ。31日は東京に住んでいるので、初の開幕戦観戦といきましょうかな( ̄ー ̄)ニヤリ

古田監督>『縦じまのユニフォームを16年着て愛着あったけど、チームも生まれ変わるので、ファンの方に愛してもらえるいいものができたらと思ってました。非常に気に入っています。シンプルの中にスワローテールがあって、キレがある感じ。すっきりした感じでおしゃれですね。』
b0005863_1829146.jpg


 ヤクルトの女子マネとして磯山さやかさんがblogを始めたそうだ。なんと高校時代野球部のマネージャ経験有。応援してますよー。2ndハウス見てるしΣd(ゝ∀・)
[PR]
# by swallowser | 2006-03-23 18:31 | yakult

第1回WBC~結局はアメリカ批判...

 優勝候補のアメリカ・ドミニカは2次Lで早々と消え、予想外の日本の優勝。きっとMLBの青写真はアメリカvsドミニカの決勝戦だったんだろうね。

 松坂大輔がMVPを受賞。3勝・防御率1.38と以前"大舞台に弱い"と言われていた松坂とは思えない成績。オレの中でのMVPは李。
『本当にこの大会に参加できてよかった。もっと実力を磨いてレベルアップしたい。もっと日本の強さを見せられたら。僕は次の大会も声をかけられれば出ます。』
 ベストナインとして松坂、里崎、イチローが選出される。松中もと思ったのだが、キューバの選手が打率.500近く打っていたので仕方がないかなと。

 
 第2回をより良い大会にするためにも、今大会で多くの疑問点が浮かび上がる。
【開催時期】
 日本をはじめ、各国の選手が辞退をしている。W杯を辞退する選手なんていないでしょ??世界N0.1の国を決める大会にするためには各国ベストの選手で臨んでもらいたい。理由としてはシーズン前の3月に開催ということで、怪我や調整の不安があるのだろう。某MLB球団のオーナーは圧力をかけてまで辞退させている。そのオーナーの球団の選手がWBC期間中に怪我をしてしまったので、今後の彼の発言に注目だね。
 シーズン終了後リーグの開催を遅らせるなど様々な案があると思うので、3年後の第2回までには辞退者が出ないようにしてもらいたい。
【開催地】
 今回はアメリカ開催。さすがにずっとアメリカ開催というわけにはいかないだろう。最初は球場数の問題でアメリカと思っていたのだが、使用したのは2次L以降では2ヶ所。ならどの国でも大丈夫ですよね。
【組み分け】
 1次Lから地域別に組み分けされている。以降流動的に組み分けされ対戦という感じ。まさか次回もこれでいくわけではないだろう??ならW杯みたいに、各国代表者が集まりクジで組み分けをしてもらいたい。
【審判】
 世界No.1の国を決めるのだから、世界N0.1の審判団に試合を裁いてもらいたい。なのに今回の審判団はマイナーリーグの審判団が中心。メジャーの審判団とは金銭面で交渉が決裂したらしい。そんなことだからボブ・デービットソンみたいな老いぼれが…
 アメリカの審判団だけというのも改善しなければならない。37人中22人がアメリカ人という現状。様々な国が出場したのだから様々な審判がいた方が良い。技術的な部分はセレクションなどを開催し、世界大会に見合う各国の審判を選出していけばいいと思うのだが。

【アメリカ中心の運営】
 ここまで羅列してきたが、どれも最終的に行き着くところはここでしょう。これがアメリカという国。自分の都合がいいように全てを決め、アメリカの決めたルールを各国に強要する。
 リーグ表を見てみるとよく分かる。アメリカと別のグループには、ドミニカ・キューバ・ベニズエラ・プエルトリコなど強豪揃い。アメリカが決勝に進出するためにも、強豪との対戦を回避させグループを分けたのだろう。準決勝もわざわざ同じグループ同士に戦わせやがって。
 アメリカとの政治的理由によりキューバの参加が危ぶまれた。だが賞金等をアメリカ・カトリーヌ被災者へ寄付するという条件で参加。スポーツのNo.1を決める大会に政治が介入するなんてしらける話だよ。
 大会収益の配分もMLB関係が35%、NPBがたった7%。それからキューバの収益もアメリカが頂こうなんて。

 まだまだ言い足りない気分だが、この辺で。とりあえず今大会はアメリカにとってMLB関係者の良い築地市場になったんじゃないの??キューバの選手へ亡命を薦めていたそうで。
[PR]
# by swallowser | 2006-03-23 16:46 | baseball

日本 10-6 キューバ

Congratulations JAPAN!!!!


 王JAPANが初代WBCチャンピオンに。世界一ですよ。

 今日も王監督が打順をいじってきた。1番を川﨑にし、里崎を6番に上げた。そして王JAPANの売りである9番からの川﨑・イチロー・西岡の3人を上位打線に起用。これが結果的にハマる。

 初回の猛攻で4点先制。キューバは先発の出来が悪いと見るとすぐに先発を引っ込め、結果1回表だけで3人もの投手を起用。さすが国家をあげての応援を受けるキューバ。打つ手が早い。

 先発・松坂は力みまくり。4点を貰った直後の1回裏、1番打者に高目に浮いたスライダーをフルスイングしホームラン。ここで良かったのは、打たれたのはソロホームランであり、ランナーが溜まりズルズル2・3点とられなかったのが良かった。後続を抑え日本国民はホッとしたよ。
 後ろに渡辺俊介がいるということで早々降板し4回4安打1失点5奪三振

 2番手渡辺が予想以上に苦しんだ。野村さんがキューバにはアンダースローが効果的と言っていたので、軽く抑えてくれるとばかり思っていた。川﨑のエラーでズルズルといっちゃったね。


 この試合で、「流れ」というものの恐さを実感した。

 初回、1,2塁でエンドランを仕掛け、松中が三遊間の深い所に当てただけのボテゴロを打つ。サードは3塁ベース、ショートは2塁ベースに入り内野安打に。投手は打ち取っていただけにガックリきただろうね。オレはここで流れが一気に日本に来たと思う。そして4点の猛攻。

 6回裏、先頭打者を小笠原のファインプレーで打ち取る。次打者もショートゴロに打ち取るが、バウンドが高くなったためか川﨑が焦りファンブル。相手がくれたチャンスをキューバは見逃さなく、3連打で2点。日本は併殺打で切り抜けられた事が良かった。ここは"2点もとられた"ではなく、"2点ですんだ"と考えるべきだろう。

 7回裏、先頭打者を川﨑のエラーで出塁させてしまう。三遊間の高いバウンドの打球だっただけに今江に処理してもらいたかったのだが。次打者の打球もショートへ行き、予想通り(?)にこぼす。だが、低く速い打球というのが幸いし併殺がとれた。直後にファーストゴロを渡辺俊介が落球する。ここまでエラーが出たのに、0点に抑えられたのはラッキーだった。

 8回裏は藤田が2ランを打たれ、1点差に迫られる。だが、キューバに傾いた流れを大塚が抑えてくれた。大塚が後続をキッチリ抑えたから、9回の4点があるのだと思う。オレは大塚がこの試合のMVPだと思っている。


 キューバの集中打は脅威だった。日本がリードしているのだが、リードしている気がしない。9回表でやっと安心できた。キューバがドミニカ・プエルトリコ・ベネズエラを抑えて決勝まで来た理由がわかった。キューバにたくさん素晴らしい選手がいるのだから、アメリカと国交を結びMLBで一流のプレーを見せて欲しいよ。


万歳・世界一!!!!


b0005863_17493346.jpg

[PR]
# by swallowser | 2006-03-21 15:30 | baseball


2007観戦成績
【東京ヤクルト】
4勝2敗

【戸田ヤクルト】
1勝1敗
最新のトラックバック
松井秀喜骨折、連続出場1..
from 情報ブログ
混戦Jリーグを制したのは..
from 冒険少年スポーツトークblo..
日本vsアンゴラ
from 湘南☆浪漫
プロ野球コンベンション2..
from やっさん日記
カカクコムの社長が、ヤク..
from One And Only
F-Project200..
from ツバメランド -ヤクルトスワ..
日本一!
from 日記ドゥーン
,古田選手が選手と監督を兼任
from オンナのネットビジネス魂 で..
新監督誕生。
from ちかみぃの書棚。
古田監督
from 日記ドゥーン
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧